汗疱治療

汗疱は治療できる!〜4つの原因と治療方法〜

 
 

汗疱は治せます!

当サイトでは、私が汗疱(汗疱状湿疹)を治療・改善するまでに試した方法と、
その中でも、特に効果を実感できた4つの治療方法を紹介しております。

 

まずは、2012年9月14日の私の手の様子をご覧ください。
汗疱が最も酷かった時期は、右手の全指と、左手の中指、薬指に汗疱が出ていました。
(当時は写真を撮る余裕がなかったため、悪かった時の写真はありません。)
それが、今では右手は完治し、左手は薬指の先端にたまに僅かに汗疱が出る程度になりました。
(この左手薬指の汗疱も久しぶりに発生したものです。)
※追記:2014年1月5日現在では左手も綺麗に良くなっています。

 

汗疱の治療状況

 

 

汗疱は決定的な治療法がなく、病院ではステロイド軟膏を渡されて終わりということがほとんどです。
(私は以下の「アンテベート軟膏」を処方されていました。)
アンテベート軟膏

 

しかし、ステロイド軟膏では一時的な解決にはなっても、決定的な治療にはなりません。
私の場合ステロイド軟膏を塗り一時的にはよくなるものの、その後再発すると汗疱の範囲が広がると言う悪夢を味わいました。
その時に悟りました、汗疱の原因を絶たなければ永遠に治らないと。

 

そこで、私は、ステロイド軟膏を用いないで汗疱の原因を治療する方法を探しました。
私は医師でもなんでもないただの一般人ですので、見つけた方法はどんどん試してみました。
調べている間にも汗疱は範囲を広げていましたので、とにかく必死でした。
藁にもすがる思いというのは正にこの状態のことを言うのだと思います。

 

そして、いろいろと試した中に、いくつか効果があったものがありました。
それが、このサイトで紹介している4つの方法です。

 

素人の私が言うのも恥ずかしいのですが、汗疱には人それぞれ原因があると思います。
そして、その原因は概ね紹介している4つもしくはそれらの組み合わせであると思います。
今回紹介している方法が、汗疱の治療・改善に役立てば幸いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ