オメガ6不飽和脂肪酸(サラダ油)が皮膚に良くない

オメガ6不飽和脂肪酸(サラダ油)が皮膚に良くない

オメガ6不飽和脂肪酸が体に良くない

「4 フラックスシードオイル治療」において、オメガ3不飽和脂肪酸が良性のエイコサノイドを生成し、
それがアレルギー反応を抑制すると言うことを書きました。

 

このオメガ3不飽和脂肪酸と似たものに、オメガ6不飽和脂肪酸というものがあります。
これはどんなものかというと、オメガ6系列の不飽和脂肪酸というのはリノール酸というもののことです。
そして、リノール酸によって体内で悪性エイコサノイドが代謝されます。
オメガ6不飽和脂肪酸から生成される悪性エイコサノイドは、アレルギー反応を促進する働きをします。

 

すなわち、汗疱(汗疱状湿疹)を含む皮膚疾患の治療のためには、
オメガ3不飽和脂肪酸の摂取量を増やし、
オメガ6不飽和脂肪酸の摂取量を減らす
必要があります。

 

オメガ3不飽和脂肪酸とオメガ6不飽和脂肪酸が含まれるもの

ここで、オメガ3不飽和脂肪酸とオメガ6不飽和脂肪酸が含まれるものには以下のものがあります。

 

○オメガ3不飽和脂肪酸
  ・亜麻仁油(フラックスシードオイル)
  ・紫蘇油(エゴマ油)

 

 

○オメガ6不飽和脂肪酸
  ・サンフラワー油(べに花油、ひまわり油)
  ・ナタネ油
  ・大豆油
  ・コーンオイル
  ・サラダドレッシング
  ・マヨネーズ

 

 

ここからわかることは、調理用油として一般的である「サンフラワー油」や「ナタネ油」には、
悪性エイコサノイドが生成されるオメガ6不飽和脂肪酸が多く含まれているということです。

 

しかし、悪性のエイコサノイドといえど人体には必要なものです。
悪性エイコサノイドの働きには以下のようなものがあります。

 

 ・血管収縮
 ・血小板凝集促進
 ・炎症増強
 ・アレルギー症状悪化

 

「血管収縮」や「血小板凝集促進」効果がなければ、怪我をした際に出血が止まらないことになります。
よって、悪性のエイコサノイドも人体には必要ですが、それを多くとりすぎることが問題となります。

 

 

なお、オメガ6不飽和脂肪酸は、多くの食物に含まれるため、完全に排除するのは不可能に近いです。
しかし、オメガ6不飽和脂肪酸は人体に必要なものです。
ですが、逆に言えば、自分が気を付けてオメガ6不飽和脂肪酸の摂取を減らしたとしても、
オメガ6不飽和脂肪酸の摂取量は0にはならないため、人体に必要な分は摂れると言うことです。

 

では、オメガ6不飽和脂肪酸の摂取量を減らすにはどうしたら良いか

オメガ6不飽和脂肪酸の摂取量を減らすにはどうしたら良いか。
そのためには、料理の際の油に気を付けるのが最も効果的です。

 

料理の際には油が不可欠ですが、それをサンフラワー油やナタネ油以外のものにすれば良いのです。
その際に使用すべき油は「オメガ9不飽和脂肪酸」を含んだ油です。
(オメガ3とか、6とか、9とかが出てきて紛らわしいんですが、それぞれ重要なんです。)

 

オメガ9不飽和脂肪酸は、良性・悪性を問わずエイコサノイドの出現には無関係です。

 

 

オメガ9不飽和脂肪酸は以下の油に含まれています。
  ・オリーブオイル
  ・マカデミアナッツオイル

 

調理時の炒め物用の油を、上記のオメガ9不飽和脂肪酸を含んだ油にするだけで、随分オメガ6不飽和脂肪酸の摂取量が減少するはずです。
そのため、通常の炒め物用油に比べれば若干高価になってしまいますが、炒め物用としてはオリーブオイルかマカダミアナッツオイルをお勧めします。

 

なお、炒め物用の油としてオメガ3系列の油(フラックスシードオイル、紫蘇油)は使ってはいけません。
なぜなら、オメガ3系列の油は熱によりすぐに酸化してしまいます。
ですので、炒め物用の油としては向かず、そのために炒め物用としてはオメガ9系列の油が向いています。


ホーム RSS購読 サイトマップ