汗疱の治療薬として処方される「ステロイド」とは

汗疱の治療薬として処方される「ステロイド」とは

ステロイドとは

ステロイドとは、糖質コルチコイドと呼ばれる成分を科学的に合成したものです。

通常、糖質コルチコイドは、体内にある「副腎」という臓器で製造されています。
その副腎の外側にある「皮質」で作られるため「副腎皮質ホルモン」と言われます。

 

 

この副腎皮質ホルモンには、人間の体内の炎症を抑える効果があります。
そこで、それを外用薬として製造したものが「ステロイド軟膏」です。

 

皮膚科で治療薬として処方されるステロイド軟膏は、強さにより以下の種類があります。
汗疱の治療薬として処方される「ステロイド」とは

 

ステロイド剤は怖い

「ステロイド剤は恐い」
という印象をお持ちの方も多いと思います。

 

その理由として、副作用が恐いと言う考えがあります。
その際の副作用としては、ステロイド剤を点滴などで長期間使用した際に出る副作用である
 ムーンフェイス(顔などへの脂肪沈着)
 糖尿病の悪化
 皮膚が薄くなる
が理由として挙げられています。

 

でも、実際にこれらの副作用は、軟膏を患部に塗った程度ではほぼ発生しません。
軟膏は、幹部に局所的に作用する外用薬であり、点滴等の内用薬とは異なります。
そのため、上記の副作用が起こることは考えられません。

 

ですが、問題は別のところにあると思います。
それは、皮膚科に行くと大した説明もなくステロイド軟膏を処方されることです。

 

私もそうだったのですが、皮膚科では、特にしっかりした説明もなく「アンテベート軟膏」を処方されました。
随分たってから調べてみたところ、それは「非常に強力(U群)」なステロイド軟膏でした。

 

皮膚科には何か所か行きましたが
「使用は○○以内に」
という説明を受けた記憶はありません。

 

ステロイド剤は非常に即効性があります。
そのため、ステロイド剤の特徴等を知らなければ、継続使用してしまう人や、別の部位で肌荒れ等が生じた際に気軽に使ってしまう人がでるのではないかと思います。
それこそが問題ではないでしょうか。

 

私がアンテベートを使った感想

私は、汗疱になり皮膚科でアンテベートを処方され、当初はしっかりと使いました。

確かに塗れば一時的には治りました。
ただ、完治ができませんでした。
「塗って治って、また発生してまた塗って」の繰り返しです。

 

そのうち、アンテベートを塗って治った後に、汗疱の発生部位が広がるようになりました。
そのため、それが怖くなりアンテベートの使用をやめました。
その後、本などを読み漁り、このサイトで紹介している4つの治療方法を実践し、汗疱は治りました。

 

汗疱で皮膚科に行き、ステロイド軟膏が処方されるのは、即効性があるからだと思います。
一時的であれ、汗疱が消えれば患者は効果を実感するでしょう。

 

ただ、根本的に解決していない以上、汗疱は再発してしまいます。
そこで、またステロイド軟膏を塗り、徐々に効きが悪くなり、更に強いステロイド軟膏を処方されると言う悪循環に陥ります。

 

ステロイド剤は、医師が適切に指導し、それに基づいて使用すれば効果の高い治療薬だと思います。
実際、アトピー性皮膚炎を完治させるためには、ステロイドと食事療法を併用するようです。
ただ、汗疱の場合、ステロイド剤はあくまで一時的に症状を抑えることしかできないと感じており、
正直なところ、私はステロイド剤を用いることには懐疑的です。

 

ただし、今現在ステロイド剤を使用している方は、急に使用を止めてはいけません。
ステロイド剤を使用している間は、体内で副腎皮質ホルモンが作られにくくなっており、
急に使用をやめると体内での副腎皮質ホルモンが足りなくなり、悪影響が出てしまいます。

あくまで、医師に言われた期間使用し、その後やめるようにしてください。
もし、医師に使用期間を言われていない場合には、医師に相談の上やめるようにしてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ