ストレスをためないように

ストレスをためないように

ストレスが良くないのは分かっていても…

肌がストレスの影響を受けやすいことは良く知られています。

 

こんなことはないでしょうか
ストレスで吹き出物がたでた
ストレスを感じた翌日汗疱が悪化した
ストレスで肌を掻いたらそこが荒れた

 

ストレスが肌に良くない理由は色々とあるようですが、汗疱などの肌湿疹に最も関係がありそうなものを紹介します。

 

ストレスとは

ストレスとは

まず、そもそもストレスとは何なのかというと以下の2種類があります。
内的ストレス : 精神的ストレス
外的ストレス : 肉体的ストレス

 

このどちらもが皮膚に対して悪影響を及ぼします。
以下では、主に内的ストレスで生じる問題について説明します。

 

ヒスタミンの影響

人は、精神的なストレスを感じると、アドレナリンが脳内で分泌されます。
このアドレナリンは、ストレスホルモンとも言われます。
これにより、発汗や動悸が起こりますが、これが継続するとホルモンバランスが崩れます。

 

ホルモンバランスの崩れは、免疫機構の乱れにつながり、血中ヒスタミンという物質が多く生成されます。
この血中ヒスタミンが、肌の痒みの原因となります。

 

ビタミンCの減少

更に、ストレスを感じると体内でビタミンCが大量に消費されます。
ビタミンCは、コラーゲンなどの肌の張りを保つ成分の元となります。

 

また、ビタミンCはビオチンの吸収を助ける働きもあります。
そのため、ビタミンCが減るとビオチンの吸収率が下がり、健康な肌が作られにくくなってしまいます。

 

ストレスを感じたないために

なかなか難しいのですが、これらの解決策としては、ストレスをためないことが重要です。
例えば、
好きなことをしてリラックス
ぐっすりと眠る
お風呂で体をほぐす
等の事をして、できるだけストレスをためこまないようにしたいです。

 

また、ビタミンCの不足に関しては、サプリメントで補うことができます。
ビタミンCは、水溶性で尿とともに排出されるため、過剰に摂っても問題ありません。
そのため、食べ物やサプリメントで積極的に摂るようにしたいです。

 

私が摂っているビタミンCについては、「汗疱治療法3〜ビオチン治療〜」に載せておりますので、興味のある方は是非ご覧ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ