フラックスシードオイルはどうすれば飲みやすいか

フラックスシードオイルはどうすれば飲みやすいか

フラックスシードオイルは摂りづらい

汗疱対策として「フラックスシードオイル(オメガ3脂肪酸)治療」をお勧めしています。

私自身、汗疱の治療にとても効果を感じていますし、実際に試されて効果があったと言う方からメールをいただいたりもしています。

 

ただ、同様に摂り方について質問をいただくこともあります。
つい先日は

 

「フラックスシードオイルは確かに効果があるんですが、油の味がして摂りづらいです。
何か良い方法はありませんか?」

 

という内容のメールをいただきました。
そこで、私が今までに試した比較的摂りやすい方法を紹介します。

 

フラックスシードオイルの飲み方

フラックスシードオイルが摂りづらい理由

フラックスシードオイル治療の説明ページでも書いていますが、フラックスシードオイル(又は紫蘇油)の最も簡単な摂り方は生のまま飲むことです。

ただし、フラックスシードオイルは油であるため、そのまま飲むと完全に油の味がします。

 

そこで、「調理油として使えばいいんじゃないか」とも思うのですが、フラックスシードオイルと紫蘇油は酸化に弱いため、加熱しては使えません。
そのため、生のまま摂る必要があります。

 

生のまま摂る方法としては、以下の2つが考えられます。
飲料に混ぜて飲む
サラダにかけて食べる

 

以下では飲料に混ぜて飲む場合に、私が試した方法について説明します。

 

飲料に混ぜて飲む

飲料に混ぜて飲むのはとてもてっとり早いです。
また、油の味もだいぶ緩和することができます。
私は食後に飲料に混ぜて飲んでいました。

 

そのうち、主に以下のものに混ぜて飲んでいました。

 

 リンゴジュース
   リンゴジュースは臭いが少ないため、正直あまり油の味と臭いは薄れませんでした。
   そのためおすすめしません。
 オレンジジュース
   オレンジジュースは味が比較滞強いため、油の感じは結構薄れます。
   オレンジジュースは整腸作用も良いため、比較的おすすめできます。
 麦茶
   麦茶に油を混ぜるのは見た目的にも結構抵抗があると思います。
   ただ、最近では味と臭いは最も薄れると感じています。
   そのため、見た目に抵抗がなければお勧めできます。

 

最近では、他の飲料でも試してみました。

 

  緑茶
   油の口当たりは結構薄れるものの、味が口に残りやすいです。
   そのため、お茶で飲むのならば麦茶の方が良いです。
  豆乳
   もともと癖のある味である為か味と臭いは結構薄れたほうだと思います。
   ただ、油独特のどろっとした感じが増すように感じたため、口当たりは悪く感じました。

 

結論

結論

以上のように、今のところ5種の飲料に混ぜてみる方法を試してみました。
個人的には、最近は麦茶に混ぜるのが最も良い飲み方だと思っています。
麦茶に混ぜると、味と臭い口当たりともにほとんど気にならなくなります。
麦茶に次いで飲みやすいのはオレンジジュースです。

 

また、摂る際は一度に大量に飲むのではなく、朝・晩等に分けて摂る方が良いです。
そうじゃないと、胃がもたれてしまう可能性があります^^;;


ホーム RSS購読 サイトマップ