お酒で悪化した汗疱のその後

お酒を飲み過ぎたことで悪化した汗疱ですが、その後どうなったのかを写真で紹介!

お酒の飲み過ぎで悪化した汗疱のその後

お酒の飲み過ぎによって悪化した汗疱

今年(2014年)の3月に、お酒を飲み過ぎた所為で汗疱が悪化した旨を記事にしました。
→お酒を飲みすぎたら汗疱が悪化しました

 

以前にも紹介したとおり、体内ではアルコールを分解する際にビオチンを大量に消費します。
→アルコールとビオチンの関係

 

ここしばらくは汗疱が現れていなかったため、特に対策は何も行っていませんでした。
しかし、久しぶりに悪化したため、対策を講じることにしました。

 

今回行った汗疱対策は?

上でも書いたとおり、アルコールは体内のビオチンを大量に消費します。
そのため、今回の汗疱の悪化はアルコールの摂り過ぎによるビオチン欠乏だと考えました。
そこで、汗疱対策として、ビオチン治療を行うことにしました。

 

それから約1か月。
現在、私の手がどのようになっているのか紹介します。

 

ビオチン治療の結果、こうなりました

実際の写真

前回の私の指の状況

まず、前回掲載した、1か月前の汗疱が悪化した状態の写真はこちらです。
2014年3月の汗疱の様子

 

現在の私の指の状況

ビオチン治療を続けて約3週間。
私の指はこうなりました。
2014年4月の汗疱の様子

 

 

かゆみも全くなく、ここ1週間くらい、汗疱の症状は出ていません。

 

まだ若干、皮膚が薄くなっている部分が残っていますが、かなり綺麗になりました。
この皮膚が薄くなっているのは、汗疱が発生した部分の皮膚が再生している途中で現れるものです。
そのため、もう1週間程度すれば、完全に普通の皮膚に戻るものと思います。

 

今回行った治療方法のおさらい

今回行ったのは、以下の2つの対策です。

 

  1. ビオチン治療
  2. アルコール量を減らす

 

原因がアルコールによるビオチン欠乏であったため、単純に『アルコール料を減らし』て、『ビオチンを補給』しました。
その結果、無事にきれいな肌が戻ってきました。

 

ビオチンは皮膚の成型にかかわるビタミンですので、不足すると皮膚の荒れにつながることがあります。
汗疱も、ビオチンの不足が原因となる場合も多いです。
そのため、汗疱に悩んでいる方はもちろん、皮膚の荒れなどに悩む方にも効果があるはずです。

 

また、汗疱が出ている方で、お酒を日常的に飲まれている方は効果がある可能性もあります。

 

ビオチン治療の詳細については、以下ページで詳しく紹介しています。
ご参考になれば幸いです。
→汗疱治療法3〜ビオチン治療〜


ホーム RSS購読 サイトマップ