納豆は皮膚炎に効果的

納豆は皮膚炎に効果的

納豆は素晴らしい健康食!

納豆は日本が生んだ素晴らしい健康食です。
その健康への影響が評価され、日本のみならずアメリカやヨーロッパでも売れているようです。

 

 

確かに、納豆を食べての健康効果というのは良く耳にします。
例えば

  • 肌がつやつやになった
  • 血がさらさらになった
  • 等々・・・。

     

    これらの効果について説明します。

     

納豆の驚きの効果!

お肌への良い影響
  納豆を食べるとお肌がツヤツヤで綺麗になるという話をよく聞きます。
  もちろんそれは事実です。

 

  それは納豆に豊富に含まれるビタミンB2の影響によります。

 

  ビタミンB2は、皮膚などの粘膜を正常に保つ働きをします。
  皮膚や爪等の健康維持のためには不可欠のビタミンです。
  不足すると皮膚炎や舌炎、口唇炎等の症状が現れます。

 

  以上の働きをするビタミンB2を多く含むため、納豆には肌をきれいにする作用があります。
  汗疱などで荒れた肌を正常に生成する助けとなります。

 

 

血液への良い影響
  納豆を食べると血液がサラサラになる、というのも良く聞く話です。
  これにももちろん理由があります。

 

  その理由は、納豆に含まれるナットウキナーゼの影響です。

 

  ナットウキナーゼは、納豆菌のみが作り出す酵素です。
  この酵素には、血液中の血栓を溶かす働きがあります。
  そのため、納豆を食べると血液がサラサラになるのです。

 

  何故、血液の話をしたかというと、血流と肌は関係があるからです。
  ご存知のとおり、血液は栄養や酵素などを全身に運びます。
  肌が健康を維持するためには、この栄養や酵素が必要です。

 

  しかし、血液がドロドロで詰まりやすいと、全身の毛細血管をうまく流れることができません。
  つまり、栄養や酵素が全身にいきわたらないこととなるのです。
  その結果、正常な肌が成形されず、肌荒れや肌湿疹につながることがあります。

 

  以上から、ナットウキナーゼの血液サラサラ効果は、肌にも影響があるのです。

まとめ

以上が、納豆の優れた健康作用のうち、特に肌に関係のあるものです。

納豆の優れた健康効果があることがお分かりいただければ幸いです。

 

ただし、納豆菌もあまりにも過剰に摂りすぎるのは良くありません。
なので、毎日毎日常食するのは避けたほうが良いです。

 

大体、週に3〜4回食べるくらいが丁度良いと思います。
そのくらいであれば、納豆菌も食べ過ぎにならず、肌にも良い影響を与えられると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ